www.happy-charmstone.xyz

-

-

パソコンの。画面の前で変化している為替レートを眺めているとすぐに取引をしなければいけないという抑えようの無い感情が生じる場面も多いです。だけど、ぼんやりした感覚で売買するのは絶対にしてはいけません。確かに、相場は1日中、いかなる時でもいずれかの国の為替市場が関いているし、市場もいかなる時でも、変動しています。とは言っても、頻繁に売り買いをしているとその回数だけ損失が生じる危険性が高くなります。無論、取引の回数を増やすことによって、次第に勝ち負けの確率が半々になるのは事実です。でもこの事実は「なんだか分からないアイデアで注文」してしまうこととは別の話だ。トレード回数を重ねる事の意味はあなたが「ここはいける」と思える感覚を得られた状態での注文回数を重ねるという意味です。何となく、休む間もなく取引を積み重ねるのとはかなり違う。外国為替市場の勝負に勝つためにはよく考えて緩急をつけることこそが肝心です。「ここだ!」と思い至ったマーケットの時には、思い切って所持ポジションを増やして、積極的に利益を狙います。「かなり難解な市場でどう上げ下げするのかわからないな」と思った時は、思い切って持っているポジションをひとつも残さないでクローズして何もせず静観します。これぐらいのメリハリをつける方が結果的にエントリーはうまくいくものだ。マーケットの格言には「休むも相場」という言葉があります。まさにその通りです。外国為替相場とは、いかなる時でも売買ポジションを保有する事が全部ではなく何も保持せずじっとしていることも場面によっては、外国為替相場です。じゃあ、どういう時に休むといいのでしょうか。第1に考えられるのが、前に述べたように、最近の外国為替相場がしっかりと理解できない時です。現状から円高になるのか、それとも円安になるのかがわからないような時は、思いつきで行動すると、自分自身の書いたストーリーとは逆の方向にマーケットが変動してしまい、損失を被ることになる。そのため、そういった場面ではポジションを減らして、そのまま静観を決め込むのが最良の方法です。第2に、自分自身の体の具合がよくない時です。健康状態と相場に関係ないと思う投資家もいるだろうが。思いのほか関係があります。体の状態が思わしくなければ市場のミスできないところで落ち着いた決断を下すことが出来ない場合が多くなります。気分が進まない時は市場から目をそらす事も大切な事です。

Copyright © 2000 www.happy-charmstone.xyz All Rights Reserved.